盛岡市で腱板損傷でお困りなら 盛岡市の「ふくろう整骨院」へ‼

2016年06月10日

ブログ担当します三浦です(^-^)

今回は腱板損傷を紹介しますね‼

転倒など一回の外力で肩関節外転位で手のひらをついて肩関節に痛みなどが生じるもの

加齢による変性や繰り返しの張力が加わり変性が進行して断裂にいたる亜急性のもの

この2つが主な発生機序になります

腱板というのは
棘上筋 棘下筋 小円筋 肩甲下筋
という4つの筋肉から構成されています

この中でも特に
棘上筋が解剖学的に損傷を受けやすく
上肢下垂安静時にもストレスを受ける

症状としては
外転60°~120°の間に痛みがあるという
特徴的なペインフルアークサインが出ます‼

夜に痛みがでる夜間痛もでます‼

テスト法としては
ペインフルアークサイン

ドロップアームサイン

インピジメントサイン
主にこの3つで検査していきます

盛岡市のふくろう整骨院では
BNM治療を中心に治療します‼

BNMとは骨 筋肉 神経の3つの事です

骨に対して矯正治療

肩関節のずれや背骨の歪みなどで血流が悪いと治りが遅くなるので歪みを整えて血流を良くして関節の負担を減らします

筋肉に対して筋肉調整

損傷してる筋肉の周りは硬くなり筋肉がうまく伸び縮みができないと可動域がせまくなり痛みが生じてしまう為に周りの筋肉を中心に治療します

神経に対して神経電圧治療

痛みは神経が感じでいるので神経も治療すると痛みを感じにくくなりやすいので神経も治療します

盛岡市のふくろう整骨院では
親切 明るく 丁寧なスタッフがお待ちしてますので全力で腱板損傷での痛みに困ってる方をサポートします‼

ふくろう整骨院グループ
ナイスプラザ月が丘院
019 681 2901

岩手飯岡駅前院
019 601 9150

盛岡市で腱板損傷でお困りなら盛岡市の「ふくろう整骨院」へ‼