マッサージで症状が取りきれない方はぜひふくろう整骨院へ!

2017年11月25日

 

マッサージで症状が取りきれない方はふくろう整骨院へ!

なかなか症状が取りきれない方は、もしかすると原因が筋肉ではなくて、骨格の歪みまたは神経である可能性があります。いくら筋肉を治療したとしても骨格のバランスや神経の不具合があるとしたらまた症状をぶり返す原因に繋がってしまいます。なので、当院では症状の根本改善をするためにBNM治療法を行っていました!

BNM治療法とは、
骨にたいしては、骨格矯正治療
神経にたいしては、神経電圧電圧治療
筋肉にたいしては、筋肉調整治療
この3つをバランス良く治療していくことで再発予防まで行います!

その方に合った、姿勢指導や私生活での 改善方法などもしっかり アドバイスしながら治療プログラムを立てて出来る限りの早期改善を一緒に目指していきましょう!
今までマッサージで症状が取りきれなかった方は是非ふくろう整骨院へ!!ふくろう整骨院 019-681-2901

筋肉の負傷・痛みの改善はふくろう整骨院へ!

2016年09月29日

%e7%94%bb%e5%83%8f

皆さまは筋肉に痛みや負傷が起きた時、どのような対処をしていますか?

・冷やす
・温める
・安静
・ストレッチ
・湿布

などなどでしょうか?(^^)

症状や状態により変わってきますが、上記のものも正解です!♫\(^o^)/

しかし!さらに早くツライ症状を落ち着かせる為には、手技による施術が圧倒的に有効です!!

手技にもいろいろありますが、当院で行なっている『筋肉調整治療』は一般的なマッサージとは違います!

単純に筋肉をほぐすだけではなく、筋肉の前後・左右などの「バランス」を整えたり、時には弱くなっている部分を鍛えたりと、しっかり機能的に身体を使えるように施術をしております☆

今まで他の所で思うように治療効果が出なかった方、ラクにはなるけどまた症状が戻ってしまう方。
それは筋肉の「バランス」が原因かもしれません!

根本から改善したい方!ぶり返したくない方!

一度、盛岡市ふくろう整骨院へご相談ください!!☆

筋肉の負傷・痛みの改善はふくろう整骨院へ!

ふくろう整骨院グループ

ふくろう整骨院 月が丘院
019-681-2901

ふくろう整骨院 飯岡院
019-601-9150

盛岡本宮整骨院
019-601-2124

上腕二頭筋長頭腱炎の痛みでお悩みなら盛岡市のふくろう整骨院へ!

2016年06月20日

12jouwan204

 

ブログ担当します!佐藤武志です!

よろしくお願いします(*^^*)

今回は上腕二頭筋長頭腱炎についてお話していきます!

上腕二頭筋は力こぶの筋肉です。
その筋肉の腱が骨の溝に擦れてストレスを感じ痛みを生じます!

上腕二頭筋長頭腱炎の原因は基本的に繰り返しの刺激によって痛みを感じることが多いですが、
強い外力などによって痛めることもあります。

30?50歳の男性に多く、重い物を持つ仕事の人に多いと言われてます!
最近ではスポーツをする人にも多く身体の使い方が悪く負担がかかり痛みを感じることもあります!

痛みを感じた場合は早めに治療することによって症状も軽減してきます!
逆に我慢していると治りも遅く日常生活にも支障をきたしますし、スポーツにも影響がでてきます??
なので早めの治療が大切になってきます(^^)

そのためにふくろう整骨院では
骨(born)
神経(nerve)
筋肉(muscle)
にたいしてBMN治療を行ってます!

この3つのバランスを治療していくことが大切になってきます(^^)

生活指導やスポーツでの予防なども指導させていただきます(^∇^)

ぜひ盛岡市のふくろう整骨院に治療しに来てみて下さい(^∇^)

何か分からないことがあれば盛岡市のふくろう整骨院へぜひお越し下さい!
ふくろう整骨院は月が丘院と飯岡院とありますので通いやすい方に来院されて下さいね。
電話でのお問い合わせもしてます*\(^o^)/*

ナイスプラザ月が丘院
019 681 2901

飯岡駅前院
019 601 9150

上腕二頭筋長頭腱炎の痛みでお悩みなら盛岡市のふくろう整骨院へ!

盛岡市で腱板損傷でお困りなら 盛岡市の「ふくろう整骨院」へ‼

2016年06月10日

ブログ担当します三浦です(^-^)

今回は腱板損傷を紹介しますね‼

転倒など一回の外力で肩関節外転位で手のひらをついて肩関節に痛みなどが生じるもの

加齢による変性や繰り返しの張力が加わり変性が進行して断裂にいたる亜急性のもの

この2つが主な発生機序になります

腱板というのは
棘上筋 棘下筋 小円筋 肩甲下筋
という4つの筋肉から構成されています

この中でも特に
棘上筋が解剖学的に損傷を受けやすく
上肢下垂安静時にもストレスを受ける

症状としては
外転60°~120°の間に痛みがあるという
特徴的なペインフルアークサインが出ます‼

夜に痛みがでる夜間痛もでます‼

テスト法としては
ペインフルアークサイン

ドロップアームサイン

インピジメントサイン
主にこの3つで検査していきます

盛岡市のふくろう整骨院では
BNM治療を中心に治療します‼

BNMとは骨 筋肉 神経の3つの事です

骨に対して矯正治療

肩関節のずれや背骨の歪みなどで血流が悪いと治りが遅くなるので歪みを整えて血流を良くして関節の負担を減らします

筋肉に対して筋肉調整

損傷してる筋肉の周りは硬くなり筋肉がうまく伸び縮みができないと可動域がせまくなり痛みが生じてしまう為に周りの筋肉を中心に治療します

神経に対して神経電圧治療

痛みは神経が感じでいるので神経も治療すると痛みを感じにくくなりやすいので神経も治療します

盛岡市のふくろう整骨院では
親切 明るく 丁寧なスタッフがお待ちしてますので全力で腱板損傷での痛みに困ってる方をサポートします‼

ふくろう整骨院グループ
ナイスプラザ月が丘院
019 681 2901

岩手飯岡駅前院
019 601 9150

盛岡市で腱板損傷でお困りなら盛岡市の「ふくろう整骨院」へ‼

盛岡市近郊で大後頭神経症の症状でお困りの方は盛岡市のふくろう整骨院へ

2016年02月27日

盛岡市ふくろう整骨院の小野寺です(^O^)

2月も半分を過ぎましたが今年の盛岡市は雪も少なく冬にしては少し暖かい日が続いてましたね^ ^

さて、今回は大後頭神経症と言われる症状についてお話をしていきます(^O^)



大後頭神経症

ちょっと聞き慣れない症状名かと思います。主な症状は頭痛なのですがこれまた少し変わったところに出る頭痛なのです‼︎



まずその前に頭痛というのはいくつか種類があることはご存知でしたか?



いくつか種類のある中で特に多く出る頭痛が緊張性頭痛と片頭痛と言われています。



緊張性頭痛は頭が締め付けらるような頭痛が特徴なことと片頭痛は片方の頭部にズキズキした頭痛がすることが特徴としてあげられます。



それでは、大後頭神経症による頭痛とはどのような特徴かと言うとまず、発症場所が耳の後ろから始まることが多く、痛みの出る場所が一定でない場合が多いようです。更に頭痛の走行場所が後頭部から縦に頭頂部、そして前頭部に出ることも特徴のようです。



大後頭神経症による頭痛の原因の多くはデスクワークやパソコン作業によるようですが、モニターを真正面ではなく左右どちらかに置いて首を少し捻った状態で長い時間過ごしていると出やすくなると言われています。

他にもストレスや雨の降る前日に出るといった特徴もあるので、そのような頭痛がある方はこの症状を疑ってみるのもよいと思います。

基本的には血流が悪くなることで、頭痛は出てくるのでそこのケアが大事になってきます‼︎



以上のこのような症状でお困りの方は盛岡市のふくろう整骨院へ是非お越し下さい^ ^

全スタッフ全力でサポートさせていただきます‼︎



なおふくろう整骨院は二院ありますのでどちらか通いやすい方へ気軽にお越し下さい(^O^)



ナイスプラザ月が丘院

019-681-2901



飯岡駅前院

019-601-9150

 

盛岡市近郊で大後頭神経症の症状でお困りの方は盛岡市のふくろう整骨院へ