お子さんが肘内障になった際は盛岡市のふくろう整骨院へ!

2016年07月17日

0615f32c8c38b57702884261be896364

肘内障とは2~4歳位の子供がなりやすい症例で、
腕にある尺骨という骨の上方の靭帯からもう一方の骨(橈骨)が
抜けたものを言います。
つまり脱臼です!!

抜ける原因として
・腕を下にして寝返りしたとき
・腕を強く引いたとき
等に起こりやすいです。

ですので、来院された患者さんから聞いてみると
「寝て起きてから腕を動かさなくなった」
「手を握って歩いていた時に子供が転んでから動かさなくなった」
等と言われるお母さんが多いです。

ここで注意点として
子供は腕を動かそうとしないので肩を痛めてしまったのでは?
と思う方も多いのですが、実際には肩だけ動かしても
子供は痛がりません。
ですが、脱臼している所に負荷をかけるように腕を
捻る動作をした時に痛がります。

突然お子さんが腕を動かそうとしなかったり
脱臼側の腕を動かそうとしなかった場合は肘内障が疑われます。

盛岡市のふくろう整骨院では、鑑別を行いながら整復・治療・固定まで
行っておりますので、何かありましたらふくろう整骨院まで
いらしてみてください。

盛岡市ふくろう整骨院グループ
月が丘院:019-681-2901

飯岡駅前院:019-601-9150

盛岡本宮整骨院:019-601-2124

お子さんが肘内障になった際は盛岡市のふくろう整骨院へ!

『肘内障』でお困りなら、盛岡市のふくろう整骨院へ!

2016年03月30日

こんにちは(^^)盛岡市ふくろう整骨院月が丘院の佐藤です。



今日は「肘内障」についてお伝えします。

肘内障というのは子供に起きやすい症状で、腕を引っ張った時などに、肘にある輪っか状の靭帯(輪状靭帯(りんじょうじんたい))から骨(橈骨頭(とうこつとう))がはずれてしまうものです。



大人になると骨を固定するチカラが強くなりこの肘内障は起きにくくなりますが、子供のうちは起きる可能性があり、腕を痛がって動かせなくなる・挙げられなくなるなどの症状が出た場合は肘内障かもしれません(>_<)



盛岡市のふくろう整骨院ではこういった症状の診断をしっかり行ない、患者様がより早く根本改善できるようお手伝いをしていきます‼︎



お子さんをお持ちの方で、お子さんが身体の痛みを訴えたら!

盛岡市ふくろう整骨院にぜひご相談ください☆

\(^o^)/





ふくろう整骨院グループ



月が丘院    0196812901



飯岡院        0196019150

 

 

『肘内障』でお困りなら、盛岡市のふくろう整骨院へ!