交通事故治療

交通事故治療

導入

交通事故治療の場合は健康保険は使えません。そのため治療費が高くなるとお考えの方も多いと思います。事故に遭われた場合は、相手の自賠責保険から治療費が出ますので、患者さまの自己負担額はゼロとなります。

治療費は一切いただきませんので、安心して治療をお受けください。すでに多くの治療実績があり、迅速丁寧な治療に好評をいただいています。「病院ではどうも痛みがひかない」、「他の病院に行こうかな」などと交通事故によるケガで悩んでいましたらぜひ、盛岡市にあるふくろう整骨院グループへお越しください。

例えば、こんな場合でも補償で治療が受けられます

①停車中の車に追突

追突された被害者の方も、追突した加害者の方も、治療や補償が受けられます

②お互い動いている時の事故

お互いに過失があっても、治療も補償も受けられます

③歩行中や自転車で走行中に車やバイクと接触

ちょっとした接触でも、事故の痛みは後から出ることが多いため、一度、診察を受けましょう

④自損事故

相手がいない事故でも保険などで治療ができます

⑤ぶつかっていないが、転倒してケガをした

直接、ぶつかっていないが、他の車などが原因でケガをした場合でも、保険などで治療ができます

⑥当て逃げ・ひき逃げ

相手が逃げてしまい、何も分からない場合でも泣き寝入りしなくても大丈夫です

⑦自転車と歩行者の事故

車やバイクなどの事故以外も大丈夫です。歩行中や自転車同士の事故でも治療や補償などができる場合もあります

⑧自然災害

予期せぬ災害などに巻き込まれ、ケガをした際も、治療はもちろん、補償までうけられることもあります

交通事故には様々なケースがあります。当院では、一人ひとりにあった治療とアドバイスを行い、患者様には治療だけに専念できる環境を整えています。どんな小さな事故でも、一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

交通事故に遭われたら、警察に届け出をし、病院で診断書をもらってください

「急いでいるから、後から届けよう」ではなく、どんなに小さな事故でも、必ずその場で警察に連絡をしましょう。交通事故の症状は、数日たってから痛みが出ることが多いです。しかし、警察に連絡していないと、治療費の給付はもちろん、損害賠償も受けられません。どんな些細な事故でも、当人同士で解決しないで、まずは警察に連絡をしてください。

そして、事故に遭った場合、人身事故扱いにしなくてはいけませんが、それには病院の診断書が必要です。「痛みがないから」や「面倒くさいから」と言って病院に行かない人がいますが、事故に遭われた場合は「レントゲン撮影で異常がなく、痛みもない」という場合でも後になって痛みが出る場合が多いです。病院に行くと、病名や全治期間が書かれた診断書が出ます。それをコピーして、交通事故治療に実績のある、ふくろう整骨院にお越しください。

数日後に痛みがくることが多いです

痛みがないからといって、油断は禁物。交通事故で強い衝撃を受けた場合は、身体のゆがみが生じやすく、それが負担となって後日、痛みとなって現れます。

ふくろう整骨院では、整形外科などの病院では受けられない手厚い施術で、痛みの原因に根本からアプローチしていきます。整形外科は検査や診断を受け、画像や文書で変化を記録する場所として定期的に通っていただいて、整骨院で回復に向けた具体的な施術を受けることをオススメします。盛岡市のふくろう整骨院グループは、交通事故治療に特化した整骨院です。患者さまの痛みの原因に迫り、根本治療を進めていきます。