後遺症

後遺症

導入

「交通事故に遭ったときにはなんともなかったのに、後から痛みが出てきた」「痛みをどこで治療したらいいのかわからない」「病院に通っているが、なかなか治らない」など、様々な症状に悩まされている人は多いです。後遺症とは、事故から一定期間、治療したのにも関わらず、症状が残ってしまった機能障害や神経障害のこと。時には、体の痛みだけでなく、めまいや吐き気などの症状も現れます。そのような交通事故の後遺症の悩みに100%応えたいと、私たち、盛岡市のふくろう整骨院は考えています。

大丈夫と思っていても身体にゆがみがあると必ず症状としてあらわれます

交通事故の場合、痛みがないからといって放置する人が多いのですが、それは間違いです。強い衝撃を受けると、身体に何らかのゆがみが生じます。身体の持つ自然な治癒力で治る場合もありますが、治らなければ後遺症としてつらい症状が出ることが多いです。首の痛みやめまい、または吐き気などの症状、あるいは頭痛やけだるさがあるといった症状は事故が原因となっている場合が多いです。そのようなときは、盛岡市にあるふくろう整骨院が治療をいたします。

人生の生産性を高めるために

当院に通っている患者さまには、基本的に痛みは放っておかせないので、後遺症にならないように根拠のある施術を行います。例えば肩が痛い時は、首から痛みが来ていたり、首を支えている下の背骨や筋肉に問題がある場合もあります。症状がどこから来ているのかの見極めが大切になってきます。

筋肉の場合、筋肉を柔らかくするお薬は出ているのですが、一度筋肉が肉離れして、その後くっついて、しこりが出来て放っておいたら、お薬ではとれないです。そこで、ピンポイントの施術が大切になってきます。

残念ながら、レントゲンには映らない不定愁訴などの内臓の具合の悪さは、一般的な事故で後遺障害に認められるケースは少ないです(神経症状は、目には見えませんが評価ができるので、認定される場合もあります)。「もし治らなければ、後遺症認定で給付金が下りるから…」と言って、治療をさぼる人がいますが、後遺症として認められないケースの方が多いと思いますし、そこを求めていくよりかは、ちゃんと治療した方が後々のことを考えると人生の生産性が高くなるはずです。