人身事故

人身事故

導入

人身事故に遭われた場合はその程度はともかく、必ず警察に連絡し、病院にも行くようにしましょう。自分自身でできない場合は加害者が行なってくれるはずですし、警察がきたらそのように手配をしてくれるでしょう。事故に遭われたら、まずは自分の身を守る行動をしなくてはいけません。病院での診察が済むと、恐らく痛み止めの薬の処方と傷の手当てくらいで終わりとなります。後は経過観察ということになりますが、診断書は必ず警察署に提出してください。できれば、その際にコピーを取っておくようにしてください。病院での治療ではなかなか治らない、できるだけ早く痛みを取りたいという人は、盛岡市のふくろう整骨院をご利用ください。

軽いけがでも、安心はできません

人身事故の場合は、打ち身と擦り傷など様々な症状が現れます。軽症の場合、つい驚いて「大丈夫です。大丈夫です」と言ってその場から去ってしまったり、ひかれている方が悪くないのに「すみません」とつい謝ってしまったり、日本人の特徴でその場をやり過ごしてしまうことが多いと思います。

事故に遭ってすぐの時は、緊張状態でアドレナリンが出ているので、自覚症状がないことがあります。どんなに症状が軽くても、むち打ちと一緒で、安心した頃に後から症状が遅れてくるケースがよくあるので、十分に気をつけてください。

入院する必要がある場合は病院に任せるしかありませんが、通院が可能というものでしたら、ふくろう整骨院が施術を行ないます。毎日でも通院が可能ですし、治療費は相手の自賠責保険から出ます。治療費の負担は一切ありませんのでご安心ください。治療には時間がかかりますが、ふくろう整骨院スタッフ一同、患者さまが通常の生活に1日でも早く戻れるよう完全サポートします。

治療は孤独ではありません

治療は孤独なものと思ってはいませんか?それは間違いです。スタッフ全員が患者さまの気持ちに寄り添って治療を行なっていきます。心のこもった治療を行ないますので、人身事故の治療は、盛岡のふくろう整骨院お任せください。

事故に遭うと、どうしても被害者意識が強まっていきます。あの事故がなければ、あの人がいなければ…。「こんな症状ではなかった」「こんな生活ではなかった」「こんな仕事状況ではなかった」。全ての状況を悪くとらえてしまう傾向にあり、心の病気も併発してしまいます。そこでふくろう整骨院では、少しでも、患者さまが前向きに治療できるフォローを心がけています。