自損事故

自損事故

自損・自爆事故は交通事故と同じです

車を運転していると、いくら十分に気をつけていても、予測運転が困難な場面があるものです。例えば、路地から人が飛び出してきて、とっさに避けようとしたら電柱にぶつかってしまった…などが考えられますが、その時の衝撃は自動車同士の交通事故と同じこともあります。

保険の適用は受けられるの?

そもそも自損事故・自爆事故は、100%ご本人に非がある事故です。ですので、保険を使うと、翌年度から保険料が上がってしまうと思っている方も多いですが、そうではない場合もあります。例えば、ガードレールや電柱など壊れた物を直すために保険を使う場合は、もちろん保険料が上がってしまいますが、壊れたものがなく、ご自分の身体を直すためだけに保険を使った場合は保険料が上がらない場合があります。

全てのケースではありませんが、人身傷害保険の特約を使って治療費をまかなえることがあります。また、健康保険の適用を受けられる場合もあります。ですが、ご自身がどのような保険に入っているか、または現在ご加入のタイプがそれに値するものなのかを分からない方もいらっしゃいます。交通事故認定治療院のふくろう整骨院には、交通事故治療に関する知識はもちろん、保障の仕組みをしっかり勉強したスタッフが在籍しています。ご加入中の保険証書を持ってきていただければ、どのような保険タイプで施術ができるかをお話しさせていただいています。患者さまに合わせた施術内容のご提案ができますので、もしも自損事故や自爆事故を起こしてしまった場合は、当院にご一報ください。

相手がいなかったことに感謝こそしますが、ご自身のケガの度合いがたとえ小さくても、治療には万全を期したいものです。治療していく上で、今まで掛けてきた保険が適用されるかどうかは大変重要なことです。ふくろう整骨院は、患者さまと同じ立場に立った対応を行なってまいります。ご自身で招いてしまった自損事故、自爆事故の場合も、決してあきらめないで治療にお越しください。身体に痛みがあるということは身体に異常があるサインです。痛みに蓋をせず、一緒に克服していきましょう。