自動車事故

自動車事故

導入

自動車で事故を起こしてしまった場合は、すぐに被害者の身の安全の確保が大事です。必要によっては救急車を呼ぶことになるでしょう。それは当然のことですし、自分自身は警察に連絡をするなどして事後処理に当たらなくてはいけません。

しかし事故ですから、自分自身も何か、身体に異常があるかもしれません。

ですので、病院での診察をしてもらい、レントゲン撮影、そして診断書もいただいておいてください。健康保険の適用をうけることもできますので、治療の際はふくろう整骨院にご来院ください。

任意保険の適用を受けることができます

こちらが起こした自動車事故の場合は、相手からの保険の適用は期待できないことが多いです。過失割合にもよりますが、追突などこちらが100%悪い時は、相手からの自賠責の適用は望めません。しかし、こちら側で任意保険の中に搭乗者傷害保険特約が付いていれば自分自身も保険の適用を受けることができます。細かなことはふくろう整骨院が事務などの手続きを受け持ちますので、患者さまは治療に専念してください。

わずらわしい手続きもお任せください

自動車事故の手続きは面倒なものですが、そのほか一切の手続きもふくろう整骨院が行ないますのでご安心ください。どこの整骨院でも手続きはできますが、当院は知識豊富なスタッフがそろっています。

よくありがちなのは、「被害者は治療受けられるが、加害者は治療は受けられない」と間違った認識をしていること。「被害者でも加害者でも、治療は受けられます」し、10:0の事故でも、もしくは相手が逃げて分らない状態でも、知識があれば対応できます。

事故で車の修理をした場合、保険料は上がりますが、加害者の場合も自分の治療費に保険を使うことで保険料は上がりません。ただ、「人身障害特約」という保険は、皆さん全員が入っているわけではないので確認が必要になります。まずは、あきらめずに相談してください。現在持っている保険証券を教えていただければ、それに見合った対応を考えていきます。