自転車事故

自転車事故

導入

「自転車でこけただけだから大丈夫」というお話をよく聞きます。誰でも自転車で転んでしまった経験はあるでしょう。自立出来ない乗り物ですから、当然なことです。自転車で転んで治療しようと考える人は少ないかもしれません。それでも原因不明の腰痛や首痛など、気になる痛みが続く場合は、何日か前あるいはそれよりももっと前の自転車事故が原因ということがよくあります。

それだけ自転車事故は、見逃しがちな事故です。年齢別の自転車事故の割合は、15歳以下が17%、16〜24歳が22%、65歳以上が18%。事故のケースは自転車に乗っていて車やバイクにひかれたという場合もありますし、逆に自転車で人をひいたということも様々ですが、自転車対自動車は全体の84%で一番高くなっています。

保険の適用を受けることができます

自転車事故での治療は自費のケースが多いのですが、状況によっては健康保険の適用が出来るケースもございます。保険適用が可能であれば治療費の負担も一気に減りますから患者さまのメリットも大きくなるでしょう。そのための手続きなども当院にお任せください。

また、自動車保険の任意保険からも治療費がでるケースがあります。自転車の走行中や歩行中など、自動車の車外で起きた事故を保障するプランもあります。いろいろな保険がありますので、ご自身の判断ではなく、一度ご相談ください。ほとんどの交通事故は「相手、相手」と思ってしまいがちですが、「保険は相手を賠償するものでもあり、自分を守るものでもある」ということをぜひ覚えていただきたいです。

そして、自転車は軽車両です。音楽を聴きながらの運転、二人乗り、夜間の無灯火、マナー違反、そして飲酒運転は処分されることがあります。まずは事故に遭わない、事故を起こさない運転を心がけましょう。

安心して治療を行なってもらうために

「無傷だった」ということもあるかと思いますが、どんな状況であれ、安易に考えない方が賢明です。自転車事故の治療に専念してもらうために、盛岡市にあるふくろう整骨院グループはスタッフ一同全力でサポートします。