交通事故の賠償

交通事故の賠償

導入

交通事故に遭うと相手が加入している自賠責保険(強制保険)から治療費が出ますので、実質の治療費はゼロとなります。また、休業補償などで交通事故の賠償請求もできます。ただし、給付を受けるためには事故後、病院で診断書を書いてもらい、それを管轄の警察署に提出しなくてはいけません。そして、できれば診断書のコピーを取りましょう。その方が後の手続きが円滑になります。

事故をすると緊張状態に身体がなるので、その場で痛みがないため、放置してしまう場合が多いと思います。後日痛みが出ることもあるのですが、それも面倒だから…と言って治療しないことも多いように思います。そうなると後遺症になる場合が多く、痛みも慢性化しがちです。痛みが始まった時、あるいは始まる前でも、ぜひ治療を行ないましょう。

示談となってからの請求となります

交通事故の場合は、話し合いでの解決がとても大切になります。特に加害者となった場合は、事故の対応が法律や人徳に反していると、被害者側からひどいしっぺ返しをくらうことも少なくありません。また、こちらが被害者になった場合は、交通事故の賠償請求をしっかりと行なっていきましょう。基本的には休業補償などが主になります。それには通院記録の確認なども必要になってきます。このように面倒な手続き一切は、ふくろう整骨院で行ないますので、患者さまは治療に専念していただけます。

交通事故のことならなんでも相談ください

面倒な交通事故の賠償請求も、盛岡市のふくろう整骨院グループがお引き受けしますのでご安心ください。