自賠責保険

自賠責保険

導入

交通事故は、そのときに痛みが無くても後からじわじわと痛みが襲ってきます。痛みを感じるようになって初めて、治療をしておけばよかったと後悔する人も多いと思います。しかし、そのような場合でも、十分に治療は可能ですし、相手の自賠責保険の適用を受けることもできます。

ただ、自賠責保険が下りるようにするためには、事故によるケガだという診断書が必要になってきます。事故から1週間以内、遅くても最悪10日以内に医師のいる病院で発行してもらうようにしてください。診断書の発行は早ければ早いほどがいいですが、交通事故の症状は通常、遅れて出てくることが多いです。だからと言って診断書の取得を忘れていると、「それって本当に事故のものなの?」「日常生活の痛みじゃないの?」という疑いから、保険金が出ない場合もありますので、まずは事故に遭ったら、整形外科で診断を受けてください。

中には、1週間経って、違和感が出てきたという人もいるかと思います。気がついた日は病院がお休みだった…。そんな時は、土日も営業しているふくろう整骨院にいらしてください。整骨院では「診断書」は発行できませんが、「診断証明書」というものをお作りできます。事故後の症状ももちろん、お聞きし、書面にきちんと記します。診断証明書を持って整形外科に行かれると、多少、1週間を過ぎていても、手遅れになる状態を逃れることができます。このような、保険に関するご面倒な手続きも盛岡市のふくろう整骨院なら承ることができます。

通院中でもお越しください

現在、交通事故の治療で病院に通院中という方も、ふくろう整骨院での治療が可能です。病院と整骨院で並行的に治療をするのもOKですし、この場合も治療費は自賠責保険が適用できますので、患者さまの負担はゼロとなります。お金のことは気にせずに、しっかりと治療に専念できる環境作りを行なっていきます。

病院では異常がないと言われても

レントゲンに問題がない場合は、病院では経過観察や痛み止めの薬などの対処療法を受けて終わり…というパターンが多いです。ですが、レントゲンには軟部組織は映りません。盛岡市のふくろう整骨院は、画像診断ではなくハンドメイドの施術で、ちょっとした痛みも見逃しません。交通事故の場合は、自賠責保険から治療費が出ますのでご安心ください。