自動車保険

自動車保険

導入

ご存知の通り、保険には任意保険と加入が義務づけられた強制保険(自賠責保険)があります。通常、自動車保険は任意保険とも呼ばれていますが、こちらが加害者となった場合の自動車事故については、この保険は大きなよりどころとなります。事故を起こした場合は相手の状態を確認し、悪ければ一刻も早く救急車を呼び、人命救助を最優先にします。これは運転している上で基本的な行動です。適切な行動が取れていないと、後の示談などの際に、事故後の対応が問題視される場合があるので気をつけましょう。また、相手の方だけでなく、自分自身のケガや痛みなども対処しなくてはいけません。治療にかかる保険は加害者でも適用されます。交通事故でお困りの際は、交通事故治療の知識が豊富なふくろう整骨院にお任せください。

保険が適用になる場合があります

自賠責保険の適用は、過失の割合によって変わってきます。こちらが追突したような形であれば、まず相手からの自賠責保険の適用はあてにできません。しかし、自動車保険に加入していて、その内容に搭乗者傷害保険特約が付加されていれば、自分自身への治療費の保障が支払われます。治療費がゼロとなりますから、事故を招いてしまった場合も、安心して治療を受けてください。

任意保険に入ってても、使い方がわからない方や、内容が分かっていたとしても使うと保険料上がるんじゃないか…と恐れている人がきっと多いと思います。ですが、正しい知識があれば損なく使えます。上手な保険の使い方のワンポイントアドバイスも行っていますので、治療をはじめ、その他の手続きも、ふくろう整骨院にお任せください。

交通事故の治療は長引きます

交通事故は、相手の対応に気を遣わなくてはいけませんし、自分自身の治療もしなくてはいけません。自動車保険の適用が可能であれば、治療費の負担はありません。交通事故は衝撃が強いので、治療が長引くことが多いです。安心できる場所で、しっかりとした治療を行なってください。