慰謝料

慰謝料

導入

交通事故の症状の特徴は、そのときに痛みがなくてもあとからじわじわと痛みがでてきます。というのも事故の衝撃で起きた身体の歪みは、すぐに痛みとなって現れにくいからです。事故のあとに身体を動かすたびに身体の歪みが負担となって、やがてそれが痛みとなります。ですので、事故の時に痛みがないからと言って、衝撃を浴びた身体を放置せずに、最初から治療を行ないましょう。患者さまの治療費のほかに、慰謝料の請求もできますので、詳しくは盛岡市にあるふくろう整骨院グループにお問い合わせください。

慰謝料の計算は簡単です

「慰謝料はどのくらいもらえるんですか」というご質問が多いですが、計算方法はシンプルです。自賠責保険から慰謝料が出ますが、大事なポイントは治療期間と実際に治療した日数です。

治療期間というのは、治療にかかった最初から最後までの日数のことです。治療日数は、実際に治療した日ということになります。治療期間が30日で、治療日数が20日であった場合は、治療日数に2を足して22日とします。そして、いずれか少ない数字に1日分の慰謝料の4,200円を掛け算して請求します。この例では22日に4,200円をかけるので、84,000円の請求できます。そして、示談書を書くと、慰謝料が振り込まれる仕組みです。このような計算を含めた手続きも、当院が責任を持って行います。

被害者ですから当然の権利です

交通事故の被害に遭った場合、慰謝料の請求は当然のことです。何も心配することはありません。ふくろう整骨院では、慰謝料の申請手続きを進めながら、ご自身の身体のケアもしっかり施すことができます。ご安心してご相談ください。