交通事故治療までの手順

交通事故治療までの手順

例えばこんな患者さまがいらっしゃいました

交通事故に遭い、首が痛くて、腰にも違和感が出ていた。だけど、病院の先生には首の方の痛みしか伝えず、腰の方は伝え忘れてしまった。3、4日後ほどが経って、首の痛みが強くなったのと同時に、腰の痛みもやはり強くなった。そこでまた病院に行って腰の痛みも伝えたが、診断書を書き直してもらうことができなかった。そのため、自賠責保険で補償されて施術が受けられる場所は首のみになってしまい、腰の方は自己負担で治療せざるをえない状況になってしまった。

忘れがちだけど、重要な手順

交通事故に遭ってから、交通事故治療までの手順をお分かりの方はいらっしゃいますか? 「まずは警察に連絡」ですが、その後の対応までを把握している方は、実は少ないかと思います。盛岡市にあるふくろう整骨院では、交通事故治療までの手順を一からご説明できますので、お気軽にご連絡くださいませ。

事故後の大まかな手順は、①警察に連絡、②保険会社に連絡、③病院を受診し診断書を取得、④整骨院などに通院…というような内容が考えられますが、しっかりと細かな手続きを行わなければ、交通事故治療の補償を受けることができないのです。

交通事故に遭いましたら、まずは現場状況を確認するために、必ず、警察を呼んでください。そこで警察を呼ばなかった場合、事故証明が取れませんので、自賠責保険で施術をすることが後から難しくなってしまいます。ですので、どんなに小さな事故、または駐車場内での事故だったとしても、警察を呼んで、事故状況の証明を取るようにされてください。

次に、事故の症状は遅れて出てくる可能性があります。また、小さな違和感も大きくなっていく可能性がありますので、必ず病院で診断書をもらうようにしてください。最初に挙げた患者さまと同じ状況にならないためには、痛い部分はもちろん、事故後から少しでも気になっている部分も必ず病院の先生に伝えて、検査を受けて診断書に記載してもらうことが大事になります。その後、整骨院で治療していくことをおすすめしています。

事故のふくろう整骨院が力になります

ただ、事故に遭うと、どうしてもパニックになってしまい、理想的な手順を忘れてしまうことがあります。大事なところを逃してしまったり、痛みに気を取られて他に負担がかかっている部分を言い忘れてしまったりするなど、様々なリスクがありますので、何かお困りになりましたら、当院にご連絡ください。正しい手順、病院に行く時のポイント、その後のアドバイスをさせていただきます。お困りの時は、頼っていただけたらうれしいです。

ふくろう整骨院では、患者さまに交通事故治療に専念していただくだけでなく、ケガで辛い思いをされている患者さまに代わって、各種手続きの代行も可能です。ぜひ一度ご相談ください。