診断書

診断書

「診断書」についてご存知ですか?

交通事故に遭うと、病院などの医療機関を受診されるかと思います。その際に、診断書というものを発行してもらわなければ、保険会社に慰謝料や治療費の請求ができない可能性があります。

といいますのも、診断書というものは、交通事故によってどこを損傷したのかを表す証明書のようなものなので、必ず必要になるのです。診断書は医師しか発行することができませんので、ふくろう整骨院での発行は難しくなってきます(当院では「診断証明書」の発行はできます)。診断書の取り方が分からないという方には、提携先の医療機関をご紹介できますので、そちらで発行していただければ問題ありません。

さらに、保険会社へ請求する際には、診断書を含め、たくさんの書類が必要となります。初めて交通事故に遭われた方は、交通事故の各種手続きは初めてだと思いますので、色々と面倒に感じることもあると思います。そういった場合は、交通事故治療に特化した盛岡市のふくろう整骨院グループまでご連絡をいただければ、代行して各種手続きを行うことができます。

 

大切なのは診断書に記された部位

診断書は、病院の医師のみが発行できるものですが、ここで大切になってくるのは、診断書に載っている部位数になります。

例えば、事故当初、首がひどい痛みで、腰も少し気になっていたという患者さまがいました。病院に行ったところ、首の診断は下りましたが、腰は伝え忘れてしまったために診断書には載っていませんでした。そうなった場合、自賠責保険で認められる部位は首だけになるので、腰は自己負担をお願いすることになってしまいます。そのため、診断書発行の際は、気になっている部位をなるべく全て載せてもらうようにしてください。

もし、先ほどの方の例でも、事故から2週間以内でしたら、セカンドオピニオンという形で当院から違う病院のご紹介ができます。その病院で新たな部位が認められれば、自賠責保険(自己負担ゼロ)の治療範囲として認められるケースがあります。