病院の同意書

病院の同意書

整骨院で治療を受けるには医師の同意書が必要?

よく保険会社に「整骨院にて治療を受ける」と伝えますと、「医師の同意書が必要」と言われることがありますが、実は全く必要ありません。ではなぜ同意書が必要と言ってくるのか?その理由はたった1つです。

早く補償を打ち切るため

通常でしたら、保険会社に電話で、ご自身がいいと思って通院を決めた治療院をお伝えするだけで問題ないのですが、保険会社は「医師の同意書が必要」と言って整骨院での治療を認めようとしません。整形外科では待ち時間が長かったり、湿布や痛み止めの対処療法しか受けられないというところが多いですが、盛岡市のふくろう整骨院では予約優先制の上、お薬に頼らない根本治療を理念としています。待ち時間がなく、適切な治療を受けることができるのです。また、受付時間は20時までですので、遅い時間しか通院できない患者さまも安心して通院することができます。こういった環境の違いから、患者さまは自然と整骨院などの治療院に来院してくださいます。保険会社としては、早く補償を打ち切りたいと考えているので、どうにかして整骨院で治療を受けさせるのを阻止しようとするのです。

でも、同意書はすぐに書いてくれるのでは?

医師の同意書というのは、決してすんなり書いてくれるものではありません。理由としては、病院や整形外科の医師は、整骨院で治療することをあまり良く思っていない方が多いからです。医師は、医療従事者の中ではトップの立場にいます。たとえ国家資格の柔道整復師がいる整骨院でも、医師のいない場所で治療を受けるなら同意書は書かない、となってしまうのです。

病院・整形外科と整骨院の併用はOK

私たちのような柔道整復師(整骨院の先生)は、手技で根本治療を行うことはできますが、残念ながら診断権がありません。そのため、現在の症状がどういった具合なのか法的に証明することができません。ですので、1ケ月に何回かは病院・整形外科で診断を受けて、経過を確認する必要があります。痛みを治すという観点では、対処療法ではない整骨院にお越しいただくことが患者さまにとって最もベストとなります。

医師の同意書が必要と言われましたら、すぐにご相談ください

医師の同意書がなくても、当院のような整骨院で治療は受けられるということはご理解いただけたと思いますが、これをそのまま保険会社にお伝えしても、すんなり認めてくれるケースは少ないです。そのため、「医師の同意書が必要」と言われた際は、すぐに当院までご相談ください。ふくろう整骨院グループには、患者さまに代わって保険会社とやりとりできるスタッフが揃っています。