仕事中の事故は必ず労災保険?

仕事中の事故は必ず労災保険?

自動車保険か労災保険で選ぶことが出来ます

仕事中に何らかの事故に遭われてしまった場合は、労災保険を使用できるということは皆さまもご存知かと思いますが、仕事中の交通事故の場合は、労災保険はもちろん、自動車保険も使用できます。

どちらを使うかはあなたの自由です

労災保険と自動車保険、どちらを使うかはご自身で決めることができます。盛岡市にあるふくろう整骨院グループでは、手続きの手間や負担を考慮した上で、自動車保険の適用を推奨しております。

どちらの方がメリットがあるの?

結論からお伝えしますと、労災保険と自動車保険の補償内容はほとんど変わりません。そのため、補償内容が変わらなければ、あまり面倒がかからない自動車保険の方を使うべきでしょう。

労災保険を使う手続きは?

交通事故の場合、労災保険と自動車保険は補償内容にほとんど変わりはありませんが、手続きに違いがあります。自動車保険を使用する場合は、保険会社とのやり取りや各書類を提出すればそれで完了しますが、労災保険を使用する場合は会社が間に入るため、様々なやり取りが毎月続きます。会社が間に入ると、個人だけの問題ではないため、ご自身に少なからず負担がかかってしまいます。また、一回の交通事故でしたら、ほとんどありませんが、一定期間に同じ会社の複数の社員が労災保険を使用すると、労働基準監督署から審査が入ることもあります。

労災保険を使った方がいいケース

ほとんどの場合は自動車保険を使った方が良いですが、中には労災保険を使用した方がメリットがあるケースもあります。

■加害者になってしまった場合

例えば過失が7割〜9割の場合は、自賠責保険からの補償は2割減額されてしまいます。万が一、ケガが長引く可能性が高い時は、治療単価が自賠責保険よりも安い労災保険を使った方が長く通院することができます。

■相手が無保険

相手が無保険の場合でも、ご自身が任意保険に加入していれば問題ないのですが、お互い任意保険に未加入の場合は、労災保険を使用した方が良いでしょう。