月が丘院
月が丘院
飯岡院
飯岡院
盛岡整骨院
盛岡整骨院

成長痛について

成長痛について

このようなお悩みありませんか?

  • 夕方から朝方にかけて膝周りが痛む
  • かかと部分に痛みが生じる
  • 股関節や足の付け根部分に痛みを感じる
悩んでいる人

成長痛という言葉の概念は、成長期の子どもに見られる症状の総称的な意味合いをもつようになってきており、どの部分までが成長痛であるのかについては医学的にも明確な分類はされていません。

ただし、幼児から中高生の成長期にかけて「特有の症状や特徴を持つ痛み」が見られる傾向があることはわかっており、これらの症状を現在では「成長痛」と呼んでいます。

膝の裏側や太もも、ふくらはぎ、足首などに痛みがあり、まれにどこが痛いのかはっきりしない場合もあります。痛みの特徴は夜になると痛み、朝には治っていることが多いようです。

痛みの原因

成長痛

成長痛は、成長期の子どもに多く見られることから、かつては急激な骨の成長が原因だと考えられていました。

しかし、現在では成長痛と骨の成長は関係ないことがわかっています。

成長痛の原因として挙げられるのが疲労です。成長過程にある子どもは、筋肉や骨、関節が未発達であるにもかかわらず非常に活発に動き、大人が考えている以上に疲れがたまりやすいです。

小さな子どもの場合、このような疲労感をうまく言葉で表現できず、痛みとして訴えていることが考えられます。

次に、精神的な要因も成長痛を引き起こします。「幼稚園や学校で嫌なことがあった」といったように、精神的なストレスから自律神経のバランスが乱れ、足や膝関節に痛みがあらわれることもあります。

治療法

BNM治療法

施術

身体のバランスや重心のズレ、背骨や骨盤のゆがみによって成長痛が発症することがあります。身体のバランスを正し、骨が成長しやすい状態を整えることで、成長痛を解消していきます。

また、筋肉調整を行い、筋肉を柔軟な状態にしておくことも成長痛を防ぐうえで重要です。

  • STEP.1カウンセリング
  • STEP.2当院独自の筋肉調整法で筋肉バランスを整える
  • STEP.3骨格矯正で全身の骨格バランスを整える
  • STEP.4敏感になった神経のバランスを神経調整施術で整える

症状の回復治癒へ

治療後の
リハビリについて

症状が改善した後も
定期的なリハビリで再発を防ぎます。

身体のバランスや重心のズレ、背骨や骨盤のゆがみによって成長痛が発生することが多いため、身体のバランスを崩さない生活が大切です。小さなお子様の場合は、保護者の方がサポートしてあげましょう。また、日常生活の姿勢管理も大切です。

簡単セルフケア法

安静

痛みがあるときは無理をせず、安静を心がける

足のストレッチ

運動の前後にストレッチを取り入れる

リフレッシュ

ストレスをためない生活を心がける

姿勢

正しい姿勢を心がける

治療終了後、スタッフが実践を踏まえながらお教えいたします。お気軽におたずねください。

Voice-患者様の声-

盛岡市 10代 男性 Y様

<来院時の症状>

小学生になった途端、夜になると身体の節々が痛むようになった。特に脚からふくらはぎにかけて痛みがあり、眠れないこともある。

<治療方法>

患部の筋肉をほぐし、やわらげて血液の循環を改善すると同時に、矯正によって骨格のゆがみ改善と関節可動域や重心のバランスを調整します。その後、手では届かない深部の痛みには、最新の治療機器や超音波を使って痛みを取り除きます。

<治療結果>

膝の筋緊張をほぐして血行を改善すると同時に、筋肉調整治療、背骨骨盤矯正、神経電圧治療器による治療を行うことで痛みの原因を元から改善することが可能です。脚に負担がかかりにくい日常生活の指導やリハビリ計画を立て、一日も早い回復を目指します。

お近くの院を探す